事業内容

内線工事に伴う外線工事

小淵の内線工事は、電柱から敷地内に引き込み線を張り、住宅を始めとする建物に電気を通す業務です。
単純な引き込み線工事だけではなく、電柱を建てる「建柱工事」が可能な弊社では敷地内に電柱を建て、電柱を経由して建物に引き込み線を設置することが可能です。
小淵では、外線の配線だけでなく、建柱工事、土木工事などを行うことができ、 電柱に関わる業務は全て請け負う事ができます。カラスなどの鳥害対策やメンテナンスなども対応できます。
外線の設置、電線の緩みなどもご相談ください

外線工事

外線工事は、発電所・変電所から電柱・変圧器まで電線を架けたり、新しい電柱へ電線を架け替える業務です。
発電所から変電所、変電所から地域。電気は、我々の住む街へと運ばれています。現代では一部の都市だけでなく、あらゆる場所で電気が使えるようにインフラが整備・維持されています。
各企業の努力により機器も高度化し、電気に関する法令も年々改訂されています。小淵は、長年、株式会社関電工の指定業者として、伊勢崎市内の電線インフラを支えています。街路で見かける電柱・電線はもしかしたら小淵が設置したものかもしれません。
私たちはこうした目に見えない「当たり前」を日々支えています。

建柱工事

発電所から我々の住む街へと電気を運ぶために、欠かせないのが電柱です。電柱地中化が進んでいる地域もありますが、メンテナンス性や災害時の復旧のスピードを鑑みれば、まだまだ日本のインフラを支える、正に「柱」となっています。
新設工事はもちろん、老朽化した電柱の入替えなど、外線工事・内線工事に付帯する工事を幅広く請け負っております。
建柱には「掘削」「建柱」「埋め戻し」「整地」などの工程があります。多くの外線工事業者では、建柱を外部委託することが多いようですが、小淵では自社の穴掘建柱車を使用して施工するので、低コスト・短期間での施工が可能です。

無線基地局工事(携帯電話・PHS)

今や生活の欠かせなくなった携帯電話。そのインフラを支えるのが基地局です。基地局の設置は現在でも全国津々浦々で行われており、日々サービスの向上を目指しています。
小淵では、強みとなっている建柱工事のノウハウを生かし、無線基地局(携帯電話・PHS)の施工工事を行っています。高さ15mの高所作業車や穴掘建柱車を自社保有しているので、低コスト・短期間で、一貫したスピーディーな対応が可能です。また、バックホーも保有しているため、玉石が出る現場でも対応可能です。伊勢崎市内を中心に、群馬県全域で対応しています。

災害復旧

電気は生活を支える重要なインフラ設備なので、災害で停電が発生した場合は早急な対応が必要となります。災害発生時は的確な状況判断と迅速な行動が必要となるため、弊社の経験値が活かせる場面でもあります。

令和元年9月に千葉県において台風15号による被害が発生した際は、弊社も応援に駆け付け同業他社様と連携しながら現場復旧を行いました。災害現場では自衛隊とも連携を行い、2週間泊まり込みで作業を行いました。
その他にも、近隣にて台風被害等が予測される際にはシフトを組んで待機を行い、すぐに災害現場に駆け付けられるよう備えています。

設備一覧

  • 高所作業車7台
  • 資材車11台
  • 小型建柱車1台
  • 中型建柱車1台
  • 電柱運搬車7t1台
  • 小型バックホー1台

資格保有者

  • 第一種電気工事士6名
  • 第二種電気工事士8名
  • 高所作業車免許17名
  • 大型免許4名
  • 移動式クレーン運転士6名
  • 玉掛作業者14名